新潟大学 地域創生推進機構

シーズ集

TEL:025-262-7554 FAX:025-262-7513
E-mail:onestop@adm.niigata-u.ac.jp

発明の種類とその例

1)物の発明(新たな物の発明、既存物質の新たな性質・機能の発明)

特許権の効力が物品に及びます。その物を生産し、使用し、販売し、譲渡し、貸し渡しもしくは輸入する行為に対して権利が及びます。

例)
  • 耐熱性に優れた化合物
  • 高温超伝導物質
  • 強い抗菌作用を持つ物質
  • 血圧を降下させる物質
  • 短時間で生体成分を測定できる装置
  • 非破壊で作物のビタミン類を測定できる装置

2)方法の発明(プロセス(順序、時間など)が要件となる発明)

発明の方法を使用することに対して権利が及びます。

例)
  • 繊維の伸縮性が向上する超音波処理方法
  • 天然物質の効率的な抽出方法

3)物を生産する方法の発明

その方法を使用する行為のほか、その方法により生産したものを使用し、販売し、譲渡し、貸し渡しもしくは輸入する行為に対して権利が及びます。

例)
  • 腸内で溶解するマイクロカプセルの製造方法
  • 内部抵抗の少ない半導体素子の製造方法
  • 危険な薬品を使わない化合物の合成方法