つながる研究

共通・他の領域

クラウドを利用した教育環境システム(CES-Alpha)

理学部 数学プログラム

劉研究室

自然科学系 准教授・教育・学生支援機構 特任准教授

劉 雪峰・齋藤 裕 LIU Xuefeng・SAITO Yutaka

関連URL:
http://www.xfliu.org/hp/index.html

専門分野 数理モデルの誤差解析、シミュレーション、クラウドコンピューティング、数理最適化
キーワード 遠隔授業、プログラミング、自動採点、クラウド計算、仮想マシン

研究の目的、概要、期待される効果

 遠隔授業の可能性が模索される中、特にプログラミング関係の授業では、計算機環境がバラバラであることや課題の自由度の低下といった制約的な変革が教員にとって大きな負担となっています。
 本システムは、クラウド計算の仮想マシンの技術を利用し、統一的なオンラインプログラミング環境の提供や、授業管理、小テスト出題といった機能を備えたクラウド教育システムです。
 また、数学系の授業実施では、レポート解答の採点を自動化するために、表記ゆれ(例:2(x+1) と2x+2は等しい)の問題を抱えています。この問題に対して、独自の数式処理エンジンを開発し、数式の表記ゆれを理解できる自動出題・採点のサービスを提供します。
 2015年の発足から、トライアル版であるCES-Alphaは新潟大学の複数の授業で使用され、学生から好評を得ています。
本システムのメリット:
◆クラウド利用であるためハードウェア管理が不要。24時間運用。人数規模の影響も受けない。
◆計算処理にはGoogleの高性能な仮想マシンを利用できる。各端末の性能に影響を受けず授業が可能。
◆独自の数式処理エンジンにより遠隔授業における数理的な課題の自由度が高まる。

   
関連する知的財産論文等

劉 雪峰, クラウド技術を用いた教育・研究用の計算環境の構築について, 2015年日本応用数理学会年会 CES-Alpha: https://www.ces-alpha.org/

アピールポイント

 クラウドサービスを利用しているため、いつでもどこでも誰でも同じ計算機環境を利用できます。授業統計情報の管理といった基本的な機能も有しています。

つながりたい分野

・授業活用、研修、セミナーなどでオンラインプログラミングや数理的な課題を検討している方、組織、団体。
・本システム自体に興味のある企業。


お問い合わせは
新潟大学地域創生推進機構
ワンストップカウンター まで 
onestop@adm.niigata-u.ac.jp

トップへ戻る