つながる研究

共通・他の領域

弥彦・角田山地、越後平野の生い立ちと 越後平野西縁断層帯

理学部 自然環境科学プログラム

久保田研究室・チーム新潟平野

自然科学系 准教授

久保田 喜裕 KUBOTA Yoshihiro

関連URL:
https://www.sc.niigata-u.ac.jp/sc/res/intro/KUBOTAYoshihiro.html

専門分野 資源・環境・災害地質学、テクトニクス
キーワード 弥彦・角田山地、越後平野、越後平野西縁断層帯、後期更新世、加速的隆起

研究の目的、概要、期待される効果

越後平野西縁域には新第三系火山岩類からなる弥彦・角田山地と鮮新統〜第四系からなる矢作・峰岡丘陵が位置しています。矢作・峰岡丘陵は、それぞれの山麓斜面とは連続せず、低地帯を隔て“孤立丘陵”化しています。弥彦−角田山地の東麓には「越後平野西縁断層帯」が走っており、将来の大地震が懸念されています。弥彦・角田山地の隆起史を復元することは、越後平野西縁断層帯の活動史を編むことにほかならず、将来の越後平野西縁断層帯の再活動、すなわち大地震の再来を考えるうえでも急務です。角田(・弥彦)山地と越後平野の生い立ちは以下のとおりです。

   
関連する知的財産論文等

■ 越後平野西縁断層帯域 峰岡丘陵の地質構造発達史 -“孤立丘陵”・活断層の形成過程−.新潟平野西縁団体研究グループ,2017,地球科学,71-3,135-154

アピールポイント

地質災害への防災・減災に寄与していきます。

つながりたい分野

・地質災害への防災・減災に取り組んでいる国、自治体等


お問い合わせは
新潟大学地域創生推進機構
ワンストップカウンター まで 
onestop@adm.niigata-u.ac.jp

トップへ戻る