つながる研究

農・食・バイオ

植物の組織培養技術の開発につながる 器官再生の制御メカニズムの解明

理学部 生物学プログラム/自然環境科学プログラム

植物発生学研究室

自然科学系 准教授

池内 桃子 IKEUCHI Momoko

専門分野 植物発生学、器官再生、分子遺伝学
キーワード 細胞リプログラミング、転写因子、組織培養、バイオテクノロジー

研究の目的、概要、期待される効果

 地球規模で環境変動が起こっている今、安定した食糧供給のためには耕作地に適さない環境でも生育できる農作物の創出といったイノベーションが不可欠です。ゲノム編集技術により作物の形質を改変するアプローチが育種に応用され始めていますが、ゲノムが編集された体細胞から個体を再生できなければ目的の個体を得ることはできません。個体再生のしやすさは植物種や品種によって大きく異なり、イネやコムギなど重要な作物品種の多くで器官再生効率が悪いことが技術上のボトルネックとなっています。したがって、器官再生能を規定する遺伝子制御機構の解明は、植物科学に課せられた喫緊の課題となっています。
 当研究室では、再生能力の分子制御メカニズム解明を進めています。これまでに、植物の器官再生能を制限する転写因子を見つけています。モデル植物シロイヌナズナでは、この転写因子の機能が失われると著しく再生能力が高まることを発見しました。作物も同じ転写因子を持つことから、本発見を応用することによって再生しやすい作物品種の作出につながることが期待できます。

植物ホルモンを用いた組織培養系は
バイオテクノロジーの基盤技術である

ある転写因子の機能が失われた突然変異体では
器官再生効率が著しく上昇する

   
関連する知的財産論文等

Molecular mechanisms of plant regeneration(Annual Review of Plant Biology)

アピールポイント

 当該分野は世界中で研究者や種苗会社が強く関心を寄せている非常にホットな研究領域です。私の発見をぜひ応用や技術開発につなげたいと思っています。

つながりたい分野

・種苗会社, 育種や組織培養技術に取り組むバイオテクノロジー企業など


お問い合わせは
新潟大学地域創生推進機構
ワンストップカウンター まで 
onestop@adm.niigata-u.ac.jp

トップへ戻る